タイ人の「わかった」は、わってない

タイ人の「わかった」は、日本人からしたら全く「わってない」。

日本人の場合、部下がミスをしたら間違いの要因を調べ再発防止の策を考え部下に「わかったか」と言うと、部下は「わかった。」と返事をし再発をしないように再発防止策を取り込んでくれるが、

タイ人の「わかった」の返事は、話は聞いて理解したの「わかった」であり、”承諾した”とは言っていない。

ここで大きなボタンの掛け違いが発生する。

日本人は、相手のタイ人が「わかった」と言ったので期待して実施してくれると信じてしまう。しかし実施していない。すると再度同じ過ちが発生し、顧客からは再発のクレームだと厳重注意となる。

つまり、「わかった」を実践させる仕組みがないと実施しない。

とても世話がかかる。

しかし、これはタイ人だけではなく世界中同じようだ。

日本の感覚がおかしいようだ。色々な海外経験者から聞くとそのように思えた。

またこんな話もある。タイ人にエクセルの講習会に行かせた。参加したタイ人は「よく分かった。」と言っていたが、一向にエクセルを使おうとしない。

「講習会で良く分かったと言ったのになぜ、エクセルを使わないのか?」と聞くと。

「機能はよく理解したが、仕事の中でどのように使うかは教えてくれなかった。」と返事が来た。

本人としては、研修会に行かせてもらったのにわからないとは言えない忖度とともに自分自身のプライドもありわからなかったとは言いにくかったと思う。

不思議だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。