タイは「おかま」が多い

タイは「おかま」が多く、タイ国ではごく普通に認知されている。

「おかま」と言うと男が女装しているイメージをとるが、それ以外にも、単に男が男を好きや女が女を好きなど同性愛が多い。

職場でも2~3割ぐらいでいたと思う。

また 美容 整形国なので、男がきれいになろうとして 美容 整形する人が多い。タイだけではなく海外からも来て整形手術するので、タイの美容整形の技術は高い。しかし、やぶ医者もいるので気を付けること。

とくに、とても”キレイ”と思ったら、怪しいと思った方が良い。男が美容整形していると疑った方が良い。キレイすぎるほど疑わしい。

100%ではないが、確認する方法は、

  • 1)”のどぼとけ”があるか?
  • 2) 肩幅があるか? 
  • 3)足が大きいか?
  • 4)手が大きいか?

である。なぜタイは「おかま」が多いか以下の諸説がある。

先天的と後天的があるが、タイは後天的の率が大きい。理由は、

「おかま」社会的に認知され抵抗感がないので潜在的に感じている人が自分がおかまであることを受け入れやすいのと、

タイの男は働かない。女の方が働き役に立つ。

幼いころから女性がいいように言われ、男がダメなように言われるので、男が女性になろうと気持ちが動いていくそうです。

また、タイの国中も「おかま」を許容しているので、抵抗感はない。

私もよく「おかま」から言い寄られていた。

困っていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。