TPSの基本的な進め方4/8

引き続きトヨタ生産方式(TPS)の基本的な進め方です。

基本原則3:後工程引き取り

後工程引き取りとは、後工程が必要なものを、必要な時に、必要な量だけ前工程から取ってくることです。そして前工程は完成品を工程の後ろに置き、後工程が引き取った分だけ生産する。(後補充生産)ことで、ジャストインタイムを実現します。

(1)かんばん

この後工程引き取りや後補充生産に使用される道具が「かんばん」です。

「かんばん」とは、生産や運搬の指示が表された物で、これがジャストインタイム生産を実現する為の重要な管理の道具です。(詳細は後日)

<かんばん>

「いつ」・「何を」・「どれだけ」運搬、生産すれば良いかを指示

「いつ」・・・かんばんの外れたタイミング

「 何を」・「どれだけ」・・・かんばんに記入

(2)運搬

運搬とは、一般的には物を運ぶ行為を指しますが、TPSでは物だけではなく「情報」も同時に運搬すると考えます。

運搬=物の運搬と情報の運搬

これは前工程がいつ何をどれだけ生産すれば良いかという情報を伝える役割を持っているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。