絵を描く心理分析 続き

Yosheeの絵を描く心理分析の項目ごとの解説です。

まず一度、自分で絵を描いて、それを見て分析してください。

1)地平線は自分のプライドの高さを示します。
  今までの経験では、中央より下にラインを引く人が多いです。

2)山は、山の高さで自分を如何に高く見せているかを示します。
  とても小さい山を描いた場合は、とても遠慮がちで謙虚な心理状況です。

3)山に向かって道は、道がくねくねまがっていたら、
  今進む道を迷っている状況です。まっすぐな道なら、迷いなしです。

4)太陽は自分を周りにオープンにしているか、隠しているかを示しています。
  太陽が、山に一部隠れている、地平性に一部隠れている場合は、自分を周りにオープンにしていない状況です。
  逆に太陽をとても光り輝くように描いたら自分を隠さずにしている。

5)家は、家庭的かどうかを示します。
  家に窓や、煙突など詳しく書いたら、家庭を大切にしたいと思っている。

6)木は恋人を示します。
  1本しか描いてなければ恋人は一人。
  逆に複数本の木を描いていたら気が多い可能性があります。

7)草は友達の数を表します。
  たくさん描いていたら友達が多い意味です。

8)蛇は性を示します。
  蛇が上方向を向いていたらネアカですが、下を向いていたらむっつりスケベです。
また、蛇を詳しく描いていたら、性にこだわりがあります。例えばとぐろを巻いている。舌を丁寧に描いている。模様を丁寧に描いていたら、アブノーマルのところがあります。

11)自分のサインは、社会性か反社会性か示します。
   地平線より下に自分のサインを書いた人は社会性かあるが、地平性より上に描いた場合は、反社会性の気持ちを持っている。

以上が、Yosheeの絵を描く心理分析の解説ですが、当然、絵を描くときに心理状態で絵は変わりますので、今回描いたからといって人格を確定することにはならないので、あくまで参考にしてください。

皆さん、お友達含め一度実施してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。