品質宣教師活動での布教

品質宣教師活動での布教内容を書いていきます。

(1)考え方を変えてもらう

・物で良し悪しを評価するのではなく、
 工程で良し悪しを評価して手が打てるように。

・品質をつくりこむのに設備は条件を設定すれば、
 間違いなくその通り動く。
             (保全&日常点検も大切)
 人は条件(作業手順)を教え込んでも、
 その通りやってくれるかはわからない。
 この、わからないところをわかるようにして(手順書どおり100%)
 いくことが大切。

・「工程内不良低減活動」から「工程内不良『0』活動」へ変えていこう。
  (やることが抜本的にならざるを得ないし、意識の変革がなされる)

事例① 作業者教育の徹底

作業の重要ポイントを明確にしたワンポイント
作業要領書を作業者と一緒につくり、教え込む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。