安全の続き

安全の続きです。

安全3Pの掲示
1)まず作業手順どおり作業を止める
2)直ちに上司・異常処置者に連絡する
3)呼んだ人がくるまで手を出さない

スポット溶接のフットスイッチを両手の押しボタンスイッチに変更し、
遊び手を無くし手の挟まれを防止。

これで安全か?

作業中にナイフの刃を出したまま作業台に置いている。

ナイフを持ちながらエアブローしている

ナイフの保管場所が決まっていない。

改善

作業台のナイフの置場を決める

ナイフの保管場所を決める。かつ、ナイフに連番をつけ、ナイフが放置されていてもどこにしまうかわかるようにしてある。

多様な刃物の種類ごとの置場を決め、置いていない状態をわかるようにする。

これで安全か?

車輪止めがずれている。

どうやって降りる

針を使う作業現場の針の管理

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。