再発防止対策書とは

再発防止対策書とは

・報告書の書き方&考え方・・・別紙

不具合発生状況

ポイント
・状況を出来るだけ細かく書く(品名、品番、個数、処置など)
・解ったことは全て書く(時系列、など)

要因の解析

ポイント
・不具合品をよく観察する
・規格に対してはどうか
・相手物に対してはどうか
・4Mの変化も合わせて考える
・発生のメカニズムも考える

現状の把握(工程の概要)

ポイント
・工程のどこが発生、流出か
・工程で何を決めていたのか
・どのように守られていたか
  具体的に解り易く書く   (どの様に)

なぜなぜ分析

ポイント
・なぜなぜ分析をする(だれ、いつ)
・現場で検証し関連を確認する
・システムの悪さも考える
*再現したらそれが真因、具体的に書く   (どの様に)

必ず守る『職場の10ヶ条』

1、異常処置

2、手直し品

3、作業中断

4、作業台 5、不良品

6、端数品

7、ポカヨケ

8、3点照合

9、指差呼称

10、識別

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。