調達と購買について

調達と購買の違いについて書きます。

まず「購買」であるが、”購”の意味は、あるものを代償にして手に入れる。また、買い求める。”買”の意味は、代価を払って品物を求める。であり、二つの文字とも代償、代価を使ってあるものを手に入れることである。

次に「調達」は、必要な金品などを取りそろえること。また、取りそろえて届けることである。つまり代償や代価を支払うことを問わず、必要なものを取りそろえることである。「調達」軍事用語で使われることが多く、とにかく略奪してでも必要な物をそろえることである。

一方で「購買」は代償や代価を支払い必要なものをそろえるのでビジネスのやり取りである。「調達」の方が物の手配する方法は広義である。お金を払うことを限定しないから。しかしお金を払わなくても調達するのはひどい。

以前は日本の物を仕入れる部門は「購買部署」であったが、いつのまにか最近は「調達部門」と変わっている。

これは海外の日本の物を仕入れる部門が「Procurement department」と表現されそれを日本語に直訳されたからであり、それが日本の大手優良会社が採用したので他の会社にも広がった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。