二宮金次郎に学ぶ!

生い立ち

1787年小田原市百山に生まれた。
川の氾濫で田畑をなくし、14歳でお父さん、16歳でお母さんを亡くし、おじさんの家にあづけられた。
貧乏な生活の連続だった。

よい組織のリーダーはその生き方まで率先垂範している

【行動の基本】勤勉と倹約

生涯で615の村々を復興させた

教え

勤労  元気で働き、勉学に励むこと

分度  収入の範囲内で支出を定めること

推譲  貯めたお金やモノは、将来のために残し

     たり、人に及ぼしたりすること

①僕もやるから一緒にやろう

②自分たちが何処までやったか?

目標が具体的であればあるほど勤労意欲は湧く!

(具体的な事例の紹介)

自主自助

・休耕田/荒地の開発(税制度改革)

・増収計画達成時の表彰

積小為大

・薪は、武士や商人に売る

・灯油は、自分で菜種を蒔いて収穫

・米は、百姓さんの余り苗

服部家の再生

・5年間、一汁一葉

・女中さんにも目標管理(飯炊き)

・斗枡制度を導入

・清兵衛の教育係

・低金利システムの確立

布は、縦糸(読書)と横糸(蒔売り)

能力は、知識と実践

組織は、自分の役割を知ること。

3年、下3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。