Hazukiルーペ

ブランディング

Hazukiルーペのブランディングについて書きます。

最近テレビCMで大々的に流れているHazakiルーペのCMは製作費含め100億円かけていると噂を聞きました。


一流芸能人の渡辺謙、菊川怜、舘ひろし、小泉孝太郎、武井咲をキャストとして活用している。CMもゴールデンタイムに多く流れており世間の認知度も高くなっていると思います。

ルーペと言っているが、実際は老眼鏡である。しかしながら老眼鏡となるとそれをつけるのは少し抵抗感があり、デザインも若者風にしルーペとすれば抵抗感が少なくなる。

ブランディングとしては成果は出ていると思います。

ハズキルーペの松村謙三会長が広告代理店から出てきた案を却下し、結局自分で作ったととのことです。これは珍しいケースです。

Hazukiルーペは約1万円の値段だが、すでにバッタもんが出始めて3千円ぐらいで市場にでている。作る技術としては難しくなく原価は安くできる。

近眼用のものも出てくれれば私は買う。

近眼用のレンズは度数と乱視が組み合わさっており、左右の度が異なる場合が多く、それに合ったレンズを店が保管している。老眼鏡の場合はレンズの種類は少ない。

しかしHazukiルーペは本体とレンズが一体化しており、またレンズも右と左が一体化しており全ての在庫を持つのが困難であるので、近眼用のレンズの販売はハードルが高いが、Hazukiルーペの工法ならば、軽く壊れにくく安いので、あれば売れると思う。

ブランディングによるメリットは単に消費者への認知だけではなく以下がある。

  1)価格競争からの脱却
  2)人材獲得および確保
  3)調達力向上(信頼度向上)
  4)社員のモチベーションアップ・社員定着率
  5)脱・下請け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。