Sysmex 2/2

優良企業  シスメックス株式会社 の続きです。

現在の主力製品は 、現在は尿検査装置、免疫検査用試薬などを手がけ、特にヘマトロジー、血液凝固検査、尿沈渣検査では既にグローバルトップシェアを有している。遺伝子分野を次の成長源に据えている。

Sysmexの前身は 東亜特殊電機株式会社(現TOA株式会社) で、1961年に血液検査の研究室が大元である。その後1968年に東亞医用電子株式会社(東亜特殊電機株式会社の販売会社)が発足された。1998年にそれまでの Sysmex ブランド名のシスメックス株式会社と社名を変更した。

企業理念および行動基準

「Sysmex Way」は、シスメックスグループが社会に存立する意義(Mission)、大切にすべき価値観や経営姿勢(Value)、シスメックスグループで働く一人ひとりが遵守すべき心構え(Mind)で構成されています。また、「Sysmex Way」に基づき、ステークホルダーの皆様に対する行動の基準もあわせて定めています。

2019年3月決算では売上高2,935億円/年で営業利益が612億円/年 営業利益率20%の超優良気企業です。

特に技術開発に力を入れており世界初の商品が多い。

「機械を売るのではなく、正しい計測結果を届ける」モットーとしている。

医療現場を検査で支えています。診断するには検査が必要で、治療した後も治ったかどうか確認するため検査が必要であり、医療現場の入り口と出口を支えている。

とても優良な企業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。