TPSを進めるに当たっての基本姿勢

①改善はニーズに基づくこと

②理想の徹底的追求
(やれることをやれるだけでなく、やるべきことへの挑戦)

③現地現物主義

④「5回のなぜ」による要因追求

⑤行動の中から思想が生まれる

⑥改善は巧遅(こうち)より拙速(せっそく)を尊ぶ

⑦設備改善より作業改善を徹底して行う

作業改善・・・標準作業に基づく改善で、作業上のルールを決めたり、配分のやり直しをしたり、物の配置を変えたりするなど、作業動作を改善して効果を上げる。

設備改善・・・単なる自動化を意味し、装置を導入したり、設備を自動化する

⑧安全と品質を必ず確保する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。