購買マンの心得 その1

購買マンの心得を書きます。

1.身だしなみ
身だしなみは第一印象の良し悪しを決めてしまいます。

1)髪はいつも整髪し、清潔にしておくこと

2)制服、靴、ズボン等は清潔なものを着用していること

3)服装は勤務にふさわしく華美でないこと

4)手足の爪は短く、清潔に保つこと

5)髭は常に剃っておくこと

6)ネクタイは常に締め、緩みや乱れに注意すること
  ただし、最近はノータイが奨励されている。

2.商談時の心得
仕入先から買わせていただいていることを忘れてはいけません
仕入先とは対等が基本です(上でも下でもない)

1)会社の代表であることを忘れない

2)全ての仕入先に公平に対応する

3)会社の力を個人の力と勘違いしない

4)会社の機密を漏らさない

5)会社の悪口を言わない

6)上司、同僚、部下の悪口を言わない

7)みだらな流行語を使わない

8)応接時は足を組んだり後ろにもたれたりしない
常に自分の姿勢を認識すること

9)競合メーカーの話をするときは悪口にならないこと

10)仕入先と話す時は丁寧な言葉つかいをすること
(傲慢な態度は慎むこと)

11)仕入先は「さん」づけで呼ぶこと

12)相手の話の腰を折らずに、よく聞くこと

13)相手との会話の時、相手の顔(特に目)を見て話すこと

14)貧乏ゆすりをしないこと

15)一身上のことを聞かない

16)相手の前で、上司、同僚、部下の「さん」づけはしないこと

17)お願いをする場合には、慎重に言葉を選ぶ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。