タイ人は怒られるのを嫌う

タイ人は怒られるのを嫌う。

特に人前で叱られるとプライドを傷つけられいつまでも根に持ち、修復は不可能になる。

タイ人管理者を部下の前で叱ると、部下はその叱られて人の指示を聞かなくなる。 管理者を叱るときは別室で叱ること。

タイ人は事なかれ主義で、目上に人に忖度をする。

しかし、その忖度が誤った対応をすることが多い。それは文化の違いがあるので当然である。かえって忖度してくれない方が良い。

日本をよく知っていると要注意である。

日本語がペラペラで行間を理解するタイ人がいたが、トラブルが起きても「タイ人同士で調整したので問題ない」と常に説明していた。

顧客からのクレームがあっても「解決し問題ない」と言い赤紙を抹消していた。

それを悪いとこれっぽっちも思っていなかった。怒らなければOK 、日本人が喜んでいればOKと本当に思っている。

だから、問題があれば伏せる。隠し通す。

日本人の「悪い知らせこそ早く知らせる」は全く理解していない。その場(時)問題なければ全てよし。

そして本人はずーと同じ会社にいるつもりはなく、転職をすることを前提としているので、企業の長期的成長は自分には関係ない。

ある時、顧客から当社の評価が悪いと噂を聞いた。タイのスタッフに聞くとそんなことはない。「顧客からの評価は良い。」と言う。

顧客からクレーム件数や書類の提出状況の評価レポートが出てたが、日本人スタッフには回ってこず、タイ人のスタッフで握りつぶしていた。

レポートが日本人に回ってこないので、口頭でしか確認できず信用していたが、実際はレポートが発行されていた。タイ人は日本人に見せると機嫌が悪くなることを知っており、見せず自分で握りつぶし、日本人の機嫌を保つことが自分の役割だと思ってたようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。