韓国三星ダイヤモンド工業株式会社 2/2

引き続き 三星ダイヤモンド工業株式会社 の韓国企業を紹介します。

海外への進出の沿革を上げます。

2003年 中国上海にメンテナンス拠点「上海三之星精密機械有限公司」設立
    韓国に装置の製造・メンテナンス拠点とする
      「韓国三星DIAMOND工業株式会社」設立
2005年 ドイツに「MDI Schott Advanced Processing GmbH」設立
2009年 台湾に現地法人「三星國際機械股份有限公司」設立
2014年 蘇州三颗星精密機械有限公司を設立

2019年では海外に11拠点を持っております。

韓国三星ダイヤモンド工業株式は、

資本金約1億4,600万円 親会社完全出資の子会社でスタートし、

2011年の売上高は87億円、従業員数は150名。

主な製品は、テレビやスマートフォンのディスプレイのガラスのカット加工。

しかしながら、最近は韓国内で競争企業が台頭し、また昨今の日韓関係の悪化により大変苦戦しているようです。

今後もウォッチングしてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。