プーチンさんの思いは。続き

ロシアがウクライナに侵攻し1週間が過ぎました。

ウクライナが頑張って抵抗しておりますが、とても悲しいです。

プーチンはやはりウクライナを制圧するまで辞めないようです。

昨日はウクライナの原発を攻めてロシアが制圧している。

プーチンは核攻撃も示唆しているが、実際にロシアから核ミサイルを打つと全世界から反発がでるので、ウクライナの中の核施設が偶発的に爆発したことによることにして核攻撃とする。

そうすればロシアが核攻撃したことにならない。

プーチンの目的はウクライナを西側から切り離す。そのためには手段を選ばない。たとえウクライナが不毛の土地となっても西側から切り離す目的が達成できれば良い。

仮にウクライナの一般市民や、ロシアの兵士が犠牲になっても、ウクライナを西側に渡さなければよい。

プーチンを止めるのはロシア内のクーデターしかない。プーチンの取り巻きも、プーチンのこだわりで世界が崩壊しても良いと思っていないはず。ロシアの市民まで犠牲になることは避けたいはず。

勇気を出して行動してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。