級長を5期連続でやりました。

私事ですが、私は中学の時、1年の初めから3年の前期まで続けて5期級長をやりました。

当時5期連続の級長も初めてなことのようでしたが、残り1期も級長をやれば当時初めての6期連続の級長となった偉業のようでした。

しかし私はクラスのほとんどが私を級長に押していました。更に先生も私を級長なってもらおうと説得を私にしました。

しかし、私は断固拒否しました。それにより先生からは「自己中心的な奴だ」と評価されてしまいました。

えっ!それまで5期連続で受けてきたに最後を拒否したら「自己中心的な奴だ」。それまでの5期も自分が立候補ではなく、周りが推薦し多数が賛成したので受けてきたのに。

1年の最初の時に私が級長に推薦されたのも、理由がよくわからなかった。特に頭が良いわけでもないし。声が大きいわけでもないし。面白いわけでもないし。1年の最初なので人気もあるわけでもないのに。。。

私が中学最後の6期目を拒否した時、先生は「拒否するのか。クラスの皆が推薦しているのになぜやらないのか」と攻まってきました。

私のころは先生にたてつくなと親に教育されてたので、先生に反論を言わなかったが先生に対して思ったのは、

「級長というリーダーの役割は一人占めするのではなく、他の人にも経験をさせるのが教育者では。クラスのみんなが私を勧めるので、それが楽だからと教育者までがその楽な道を選ぶのは間違っている。」

と心の中で思っていました。結局、私は拒否し他の人が6期目は級長となりました。私は今でも私の判断は正しかったと思います。

ちなみに中学の同級生と合うと今でも級長と呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。