トヨタ生産方式について

今回はトヨタ生産方式

について書きます。

トヨタ生産方式は、在庫低減とかカンバン方式とか手法や道具が有名になっているが、目指すのはムダの徹底排除による原価低減である。

手法や道具が有名になっており、トヨタ生産方式の目指すところが勘違いされている感がある。

在庫低減は問題を顕在化するための手法であり、カンバンは遅れ進みを管理するための道具である。

またトヨタ生産方式の活動を通して人材育成を実施している。世間にはトヨタ生産方式を解説する書籍が多く出ているが、書籍だけではとてもトヨタ生産方式を習得することはできない。またセミナーも多数あるが実践しなければ習得はできない。なお実践する前に事前知識を得るには良いが、書籍だけではトヨタ生産方式を理解するのは困難である。

実践を通して、教えられるのではなく自ら考えて答えを出すのがトヨタ生産方式である。トヨタ生産方式を学ぶ会では「自主研究会」略して”自主研”という場を設けて皆でトヨタ生産方式を自ら考えさせて学ぶ会があり、そこで人材育成をしているのがトヨタ生産方式である。

とても、書籍やセミナーだけでは習得できない内容である。

まとめ

〇トヨタ生産方式の狙いはムダの徹底排除による原価低減

〇トヨタ生産方式の導入による人材育成

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。