トヨタ生産方式:7つのムダ

前回に続いてトヨタ生産方式について書きます。

トヨタ生産方式の定義するムダは7つある


1)加工のムダ
2)在庫のムダ
3)造りすぎのムダ
4)手待ちのムダ
5)動作のムダ
6)運搬のムダ
7)不良・手直しのムダ

一つ一つ説明するととても長くなるので、

この中でも特に問題としている「造りすぎのムダ」であり、関係の濃い「在庫のムダ」について今回は書きます。

在庫は資産が多くなるなど資金的な問題が言われるが、それ以上に問題を隠してしまう問題が大きい。

生産上の問題。資材品の発注の問題。そして最も悪いのが売れないのを作ってしまう問題である。

生産上の問題では在庫が多いために色々な問題を隠してします。

あるラインが故障停止した時、直ぐに直さないと前後工程も停まってしまうが、保全の力があれば直ぐに再スタートとなるが、在庫が多いと保全の力が育たない。

在庫が多いと生産のスピードが遅れても、その場でわからず対処がその時にできず後の祭りになってしまい、問題が隠れてしまい解決できない。

在庫が多いと生産現場が安心してしまい作業者および監督者までが緊張感がなくなる。

在庫が多いと在庫の出し入れで工数をかけてしまう。

在庫が多いとスペースを多く使ってしまう。

在庫が多いと在庫の管理の手間がかかる。

など、在庫による問題が隠れてしまうのが最も問題だと思います。

しかし、在庫を削減するには簡単ではないです。カンバンなどの道具と仕組みを作って取り組まないと一端増えた在庫は減らないです。

中小企業の生産性向上及び財務体質改善には最も効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。