生産管理とは

今の職場では生産管理を担当してます。

改めて「生産管理の役割とは」と考えております。

教科書的には生産管理とは

「生産計画と生産統制」とか

「人(作業者)、物(設備、資材)、金(電気やガスや経費)、情報(コミュケーションやシステム)などを有効に使って、所定の品質の製品を所定の期間に、所定数量だけ、期待される原価で、生産するように、需要予測、生産計画、生産実施(製造)、生産統制をおこない、生産活動の最適化をはかることです。」

とか

生産管理は一般にはなじみの薄い言葉かもしれませんが、工場全体を見渡して、必要なときに必要な分だけ製品を生産するための大切な仕事です。無駄を出さないようにしながら納期を守り、必要な製品数をしっかり確保する「生産ラインの指揮官」のような役割と言えます。

とか

生産管理担当は、次の3つが主なものになります。
適正な在庫をコントロールし、お金の回転を速くする、モノの停滞を無くす。
工程負荷を調整し、スループットを高める。
需要変動への対応力を高める。

とか

7つの業務と仕事
1)受注管理
2)発注管理
3)検収管理
4)生産計画管理
5)在庫管理
6)物流管理
7)集出荷管理
仕事は、生産準備

など色々な考えがありますが、yosheeなりに生産管理の役割を考えると

必要な物を必要な時に必要な量だけ提供する

ことだと思います。

ここで必要な物とはオーダーされた物

必要な時とは納期、必要な量とはオーダー数、そして提供先はお客様、社内へ提供する。

これはつまりジャストインタイムの考えである。

必要な時に必要な量だけ提供することができれば、在庫低減となっていき、生産管理の最も管理すべき指標は在庫低減になると、最近思ってます。

どうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。