TPSの基本的な進め方8/8

引き続きトヨタ生産(TPS)の基本的な進め方です。

少人化

ジャストインタイムと自働化を効率よく成り立たせる為に少人化という考えがあります。

この少人化とは、生産性を落とすことなく必要数に応じて人を増減できるライン・仕組みとTPSは定義しています。

<少人化ライン>

量変動に対し、人を増減しても効率良く生産できるライン

<少人化のねらい>

・台数変化に応じた人の増減ができる
・更なる改善が効果につながる

➡手持ちのない作業状態の追求

<少人化の前提条件>

①適切な設備・レイアウトの設計(手持ちが寄せれる)

 →離れ小島の解消、要素作業の細分化、人数の規模の確保 等

②多能工の存在

③標準作業組み合わせの定期的改訂

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。