TPS原単位表

原単位とはある製品の1単位を生産する為に必要な、材料、工数、用役量などの物量について設定されている標準の量である。

原単位は、造り・物流などその使用目的により各種の項目を選択し、その仕掛け単位・運搬単位を合わせて、端数を無くし、積替えのムダを排除し、改善に結びつけに使用する。

1、造りの原単位表の例(1/3)

①品番・・・そのラインに流れている全品番を記入

②収容数・・・品番毎の完成品の収容数を記入

③荷姿・・・完成品通箱がどのようなものか型式等を記入

④必要数・・・品番毎の日当り必要数を記入

⑤タクトタイム・・・定時を必要数で割った値を記入(休憩時間は除く)

⑥ネックマシン・・・ネックマシンの設備機番と秒数を記入

1、造りの原単位表の例(2/3)

⑦正味工数・・・インライン作業者の1サイクル(手作業+歩行)+人数分の合計を記入

⑧正味人工・・・正味工数÷タクトタイムを記入

⑨必要工数・・・正味工数+付帯工数を記入

⑩必要人工・・・必要工数÷タクトタイムを記入

⑪ロットサイズ・・・1回の仕掛け量を記入

⑫段取り回数・・・日当りの段取り回数を記入

⑬段取り時間・・・1回当りの段取り時間を記入

⑭刃具交換工数・・・1個当りの刃具交換時間を記入

⑮マン・マシン比・・・ΣC・T÷ネックマシンのMCTを記入

1、造りの原単位表の例(3/3)

①品番・・・そのラインに流れている全品番を記入

③背番号・・・部品につけた番号を記入

④前工程所番地・・・前工程の所番地を記入

⑤供給ルート・・・決められたルートを記入

⑥供給・直・・・直数を記入

⑦供給回数・・・日当りの供給回数を記入

⑪運搬具・・・エレカ・リフト等を記入

⑫運搬可能箱数・・・1回に運搬できる箱数を記入

⑬箱数(日)・・・その日で運ぶ箱数

⑭作業時間・・・1回当りの積み込み・投入する時間を記入

⑰工数合計・・・作業時間+付帯時間+走行時間 を合計した値を記入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。