トヨタの補給品の仕組み3

トヨタの補給品の供給の仕組みの続きです。

続いて補給のサプライヤーがトヨタに納入するのに納入遅れの未納カウントになる/ならないの判断基準の続きです。

納期不遵守時の責任先判定基準

トヨタとサプライヤーの責任先判定基準の考え方

トヨタ月度内示数なし品番  責任区分③

1)月次内示なし品番(含むSSP品番 類別・83)

・トヨタ A-TOPマスターに設定(サプライヤーからの申請)されているリードタイム通りに納期遵守できたかで判定

2)リードタイム設定のガイドライン

・遵守できるリードタイムを前提とした設定すること

・設定リードタイムがガイドラインを超える場合は、B類の提出と後日現地現物確認される可能性がある。

自然災害 責任区分④

・地震、台風、大雪等により、物流ストップとなった場合

トヨタ調達から、稼働停止(号口・補給品等)案内が発信された場合に加え、大雨・大雪で高速道路が閉鎖され、交通渋滞により時間通りに納入できず、事前に遅延の連絡をした場合、責任区はトヨタになる。

以上が納期不遵守時の責任先判定基準です。サプライヤーのことを考えしっかりと決められてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。