補給のものづくり改革1

トヨタが主導で2次仕入先にものづくり改革を取り組んでいます。今回はそのなかでも補給部品に対するものづくり改革の取り組みを書きます。

トヨタが補給品のものづくり改革に取り組んだ背景は

世耕プランの補給品の型・治具についてである。

これは車両メーカーがサプライヤーに対し補給品の金型・治具を期限なく永久に無償で保管させており、そのためサプライヤーの財務が悪化となっているので、その対応についてのプランである。

今までは自主研究会(略 自主研)としてトヨタが1次仕入先へ指導をしていたが、今回は2次仕入先へものづくり改革として、1次仕入先と含め2次仕入先を指導している。そして1次仕入先は2次仕入先の顧客だけではなく、トヨタの他の1次仕入先が参加している。例えば、デンソー、アイシン精機、豊田合成などである。

その対応としてトヨタもどう取り組むか試行錯誤しており、その取り組みの具体事項を以下列記します。

1)製作の工法置換

2)型・治具の二個一化

3)打ち切り補給品の整理

4)一括生産化

5)寿命延長

6)3点分割化

7)下振れ対策

補給の取り組みをしなけれならない今の状況を説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。