ものづくり改革 3点分割

次の補給のものづくり改革は「3点分割」である。

完成品がユニットで構成品が車両のボデーに合わせた形状と位置決めとなっている製品の場合、ユニットASSYで納入せず、3分割して納入する案であります。

修理や故障などで交換が必要な部位がユニットの一部の場合がある。しかし現状ではユニット単位で納入しており、ユニットの価格である。一部の部品の交換で良いのにユニット全体を交換している。ユーザーにとって高額な負担となっている。これが一部の部品な交換ならばユーザーのコスト負担は軽減される。

そのためには、修理業者ディーラーなどで部品を組み付ける必要がある。

補給部品を供給するサプライヤー側としては、ユニットASSYの組付け治具が不要となり、部品単位の組付け治具で良い。ユニットASSY単位の組付け治具はスペースを多くとるのでそれが部品単位の治具スペースで良いならばスペース削減となる。

しかしサプライヤー側で組付け工数が減る代わりに、ディーラー側でその組付け工数が増える。通常サプライヤーの人工レートとディーラーの人工レートと比べると、ディーラーの人工レートの方が高いので、トータルではコスト高となってしまう。

また、分割納入となっても、ユニットASSY納入のニーズがなくなるわけではないので、ユニットASSYでの納入が残り、組付け治具がなくなるわけではない。

また、ディーラーで組み付けるとなると、ディーラーでの修理マニュアルに反映しなければならず、その編集に大変な工数が発生する。トヨタの高い給与の人の作業が発生する。

しかし、この提案はサプライヤー側にとっては意外と多い。例えば、塗装も同じである。ドアミラーなど塗装前は同じ物を使っているが、塗装違いで供給しており、塗装前を納入しディーラーにて塗装すれば、サプライヤーの負担が軽減される。

次に、下振れ対策について書きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。