雇ってはいけない人の見分け方 その1

今回は雇ってはいけない人の見抜き方をテーマで書いていきます。

まず初めに自己承認このキーワードをもとに書きます。

この内容は企業の業種や規模そして採用される年齢に関係なく、どの会社でも参考になる内容かと思います。

次に採用条件について書きます。採用条件に関しましては各社の個性が出るとても大きなテーマかと思います。

自分の会社の経営者の理念や価値観そのようなことを少しイメージしていただきながら読んでいただくと分かりやすい内容かと思います。

そして最後の部では試用期間の活用について書きます。

それまでに面接の時に気を付け頂きたいポイントを書きますが、その面接時に万が一見抜くことが出来なかったとしてもこの試用期間を活用することで最良ギャップを埋めていくことが可能となります。試用期間ぜひご活用いただきたいと思います。 では第一部の自己承認について書いていきます。

自己承認という言葉を一度も二度も聞いたことはあるかと思います。

自分のことを価値がある人間、自分で自分自身の事を大切な存在であると認識する力。この力を大人になってから健全な形で用いることはもしかしたらとても稀なのかもしれません。

ところがこの自己承認の具合を確認することは面接の時とても重要です。

この自己承認ができていない状態だと、どのような現象が起きるのか?

これはとても分かりやすく言えば被害者意識が強いという状態です。

したがって入社してから間もなく先輩や周囲の人間関係などについての愚痴が多くなり、悪い影響を及ぼしやすくなります。

またそれらの被害者意識が続けば、自分なんてこの会社にはいなくていい。どうせ自分なんて先輩たちからは可愛がってもらえない。

などの被害妄想も強くなり、早期退職という事態も招きいうことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。