外国人技能実習制度のコスト効果

外国人技能実習生のコスト効果

技能実習生を使った場合、正社員とのコスト効果について具体的な例で検証します。


正社員 基本給18万円/月 賞与は4ケ月/年(2回分)=72万円(月平均6万円/月)

月の定時時間160h/月(20日×8時間/日)
昼夜勤務2交代制(深夜時間6時間×10日/月)
時間外60時間/月とする(法廷休出はナシ)
通勤費として10,000円/月  とする。

正社員の月の支給額は(賞与含む)310,750円/月・人・・・①

180,000+60,000+6×10×(108,000÷160)×0.25+60×(108,000÷160)×1.25+10,000=310,750円/月

技能実習生の場合は、愛知県の最低賃金は898円/h 898×160h/月=143,680円/月

送出し機関に 実習生1名当り10,000円/月
受入れ団体「日中科学技術文化センター」に 実習生1名当り39,808円/月

実習生に係るコストは、193,488円/月・人・・・②

143,680+10,000+39,808=193,488

効果①-②=117,262円/月・人

社宅として2LKのアパートに2人で住むとして初期費用約30万円かかって、他の初期費用含め40万円かかっても2ケ月でペイできる。※初期費用として必要な備品は別途ブログで説明します。

3ケ月目から約11万円/月・人の効果が出ます。実習生が12人いれば132万円/月のコスト効果の上、出勤も安定すし、さらに採用に係る費用も少ない、3つの大きなメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。